フィリピン留学ってどんな生活?

海外留学に興味のある皆さん、「フィリピン留学」を聞いたことがありますか?

サンフレンズは北海道で唯一のフィリピン・マレーシア留学専門サポートセンターとして留学に旅立たれる方々をサポートしておりますが、初めて留学相談に来られる方の中で「フィリピン留学って詳しくは知らなかった!」という方が多くいらっしゃいます。

そんな方々のために、ここではフィリピン留学の概要についてご説明します!

フィリピン留学 3つの特徴

英語留学をするなら…アメリカ、イギリス、カナダといった有名な国を思い浮かべる方が多いかもしれません。

それぞれ素晴らしい国ですが、日本からだと相当遠いですし高額な留学費用が必要とあり「海外留学ってハードルが高いな」と思う方も多いのではないでしょうか?

しかし今は、日本から距離の近く、全体的に物価が安く、アジアの中で数少ない英語を公用語とする国であるフィリピンで英語を徹底的に学ぶことができるんです!

数年前までフィリピンはいわばマイナーな留学先でしたが、現在では関東・関西圏をはじめ、毎年日本からの留学生が増加している大人気の留学先となりました。

大人気となった理由は

フィリピン留学人気の秘密
・留学費用が格安

・マンツーマン授業で着実に学ぶ

・1週間からでも気軽に留学できる

という背景があります。

留学費用が格安

学費、滞在費が欧米圏の国に比べ格安で留学に行くことが可能です。

欧米と比べフィリピンの学校は、授業数は倍以上!金額は半分以下!とお得!

例えばカナダの一般的な語学学校では1ヶ月の学費が230,000円を超えて来ますし、加えてホームステイや寮滞在費が発生しますので、さらに100,000円ほどの費用が発生します。

一方、一般的なフィリピンの語学学校では、1ヶ月の学費+寮滞在費を合わせて140,000円ほどです!(そして毎日の食事付き)

  1ヶ月の学費+寮滞在費 食事
フィリピン 約140,000円 含まれている。
カナダ 約330,000円 含まれていない。

物価も日本よりもグッと安く、約5分の1ほどですので、週末にはリゾート地でマッサージを受けながらリラックスすることも可能です。

(一ヶ月の費用を比較!フィリピン留学とカナダ留学はコチラ!)

マンツーマン授業で着実に学ぶ

フィリピン留学の素晴らしいところのひとつに「マンツーマン授業が沢山ある!」ということがあります。

欧米の学校ではマンツーマン授業は基本的に受講できません。もしくは非常に高額なレッスン料が必要です。

かといって大きなグループ授業のみだと、自分がわからないところを質問しづらかったり、レベルに合わなかったりしてしまいます。

一方フィリピンではマンツーマン授業が多く、自分のペースで授業を受けることが出来ます。

「自分の言った英語が間違っていたらどうしよう」「自分だけが理解できていないと恥ずかしい」などと日本人は考えがちですが、マンツーマン授業なら、シャイにならず思う存分英語を話せます。

またグループ授業も少人数制となっており4名の小グループクラスや最大8名の大グループクラスで、 発言する機会も多く高い効果が見込まれます。

従ってフィリピン留学は、英語初心者の人でも一歩一歩着実に英語を習得していくことができます。

マンツーマン授業で学んだ表現などをグループクラスで使うことで、その表現をより自分のものにしていきましょう!

(フィリピン留学 オススメの3つの理由はコチラ!)

 1週間からでも気軽に留学できる

留学と聞くと「半年?1年?」と長期間にわたって海外に渡航して英語を学ぶというイメージがありませんか?

10年ほど前までは、留学とは長期間の渡航が多く見受けられました。

しかしフィリピン留学は1週間からでも渡航して英語を学ぶことができます!

基本的にフィリピンの語学学校は毎週月曜日を入校日、金曜日を卒業日と設定していますので、中々長期の休みが取れない社会人の方も、夏休みや春休みだけ留学に行きたい学生の方でもスケジュールを自由にカスタマイズして留学生活を送ることが可能です。

さらに日本からの距離も近く、時差も1時間しかないフィリピンでの留学は、従来なかったお気軽な留学先であるという事ができますね。

学校での生活

学習コース

フィリピンにある語学学校には様々な学習コースがあり、留学する皆さまそれぞれにぴったりなコース・学校で学習する事ができます!

例えば

学習コースの例
一般英語コース
マンツーマン特化コース
TOEICコース
TOEFLコース
IELTSコース
ビジネス英語コース
メディカルコース
英語&エクササイズコース
親子留学コース
インターンシップコース

ここまで多彩なコースを揃えている留学先はフィリピン以外には中々珍しいと言えます。

それぞれのコースで少なくとも1日4コマほどマンツーマン授業が受講可能ですし、各授業は「スピーキング・ライティング・試験対策」など学習テーマを設定してそれぞれの分野のスペシャリスト講師が担当します。

宿泊施設

フィリピン留学では基本的に学校施設内に併設されている学校内部寮か、学校から近い距離にあるホテルに滞在することになります。

従って、宿泊地と学校との移動で無駄に時間を取られてしまう心配は一切ありませんし、同じ学校に通い共に勉強に励む多国籍なスクールメイトとの絆も一層深くなります。

英語学習以外でもそこで経験する仲間との思い出は人生の財産になるでしょう!

フィリピンの料理・食べ物

留学生の皆さんは基本的に滞在している学校の食堂でお食事を取りますが、週末などには外食することも多くなりますので、数多くあるフィリピンの食べ物の中から3つご紹介!

フィリピンで生活するのですから、その地の食事も気になりますよね。

「フィリピンの料理って辛いの?」という質問をよく受けますが、基本的に辛くありません。

味付けは日本人好みのあまじょっぱいものが多いです。

様々な食べ物がありますが、このコラムではおすすめを3つご紹介します!

①絶品の豚肉料理 レチョン

スライドショーには JavaScript が必要です。

レチョン(Lechon Baboy)は豚肉の料理です。

カトリックの行事、収穫祭、村祭りなどのフィエスタ(祝祭)や結婚式のパーティーには絶対に欠かすことの出来ない大切な料理です。

炭火で一頭の豚を丸ごと焼いた料理で、内臓を取り除き下味が付けられた豚に串を通し、木炭が入れられた窪みの上で焼き上げます。

豚に刺した串をくるくる回しながら全体に火を通し、 十分な時間をかけて豚肉の表面を炙っていきます。

フィリピンの家庭ではレチョンが作られることはあまりなく、外から買ってきて食べられています。

また、レチョンは豚のレチョン以外にも鶏肉レチョンもあります。

下味の染み込んだジューシーで柔らかい豚肉は絶品ですので、留学期間中に是非トライしてみて下さい!


 ②フィリピンの太陽の賜物 南国フルーツ

スライドショーには JavaScript が必要です。

南国フィリピンのフルーツは甘みがいっぱい!

さんさんと降り注ぐ太陽の恵みをいっぱい受けたヘルシーで栄養価がたっぷりのフルーツが フィリピン留学では沢山食べられます。

南国フルーツは、低カロリービタミンやミネラル食物繊維が豊富に含まれており、美容にも健康にも良い食材です。

参考までにお値段は

バナナ 約150円/1kg パイナップル約195円/1kg パパイヤ 約220円/1kg マンゴー 約430円/1kg

このくらいだと考えて下さい。


③バター醤油焼きだけじゃない! ベビーホタテのチーズグリル

スライドショーには JavaScript が必要です。

海に囲まれたフィリピンは魚介類も多く、その中でも皆さんにおすすめしたいのはベビーホタテのチーズグリルです!

チーズがトッピングされたベビーホタテからは香ばしい香りが漂い食欲を誘います。

ベビーホタテなので北海道でよく目にするホタテよりもサイズは小さいですが、ご飯にもお酒にも合うオススメの一品です。

お店でオーダーする時には ベークドスカロップ(baked scallop)と頼んでくださいね。参考価格:330円

KUYA Jというファミリーレストランなどで提供されています。

フィリピン・マレーシア留学専門サポートセンターのサンフレンズ