疑問点をピンポイントで解決!よくある質問コーナー

お客様からよくご質問頂くコンテンツをわかりやすくまとめました!

留学のご相談前にご確認頂けますと、留学サポートが一層スムーズに提供可能になりますので、ぜひ目を通してみて下さい。

フィリピン留学は他の国への留学と何が違いますか?
フィリピン留学の特徴は「①学費がリーズナブルであること②マンツーマン授業中心で勉強できること③学校内に全てが揃い、全寮制で留学生活を送ること」という3点が挙げられます。
どれくらい留学すれば英語を話せるようになりますか?
一般英会話を習得する場合、2~3ヶ月しっかりとフィリピンで勉強すれば、日常会話に困らない程度の英語力を習得する事が可能です!!またその為に、留学前に日本で「高校までに習う単語や文法と言った基礎力」を構築していく事が必要な条件です。
フィリピン留学の費用はどれくらいですか?
一般的には1ヶ月(4週間)で総額30万円前後の留学費用です。(授業料・食事代・宿泊費、往復航空券代金、海外留学保険、現地でのお小遣い全て含む)なお、サンフレンズ留学センターは手数料無料の留学エージェントですので、最安価格保証で留学手続きを提供致します。
フィリピン留学に行く前に、ビザを取得する必要はありますか?
いいえ、フィリピン留学で必要なビザ類は現地で全て学校がお手続きを致しますので、留学前に取得する必要はありません。東京にある大使館などに出向いて申請するなど、面倒な事が少ないのもフィリピン留学のメリットの一つです。
留学準備はいつから始めたら良いですか?
フィリピン留学は「出発希望の3ヶ月以上前」から準備を開始する事が一般的です。時間に余裕を持って早めに行動することをお勧め致します。しかし、学校の宿泊施設に空きがあれば、出発直前での留学手配も可能です。詳しくはこちらの記事をご覧下さい!
エージェントを使うのと、直接申し込みでは何が違いますか?
費用面に関して、サンフレンズ留学センターは手数料無料の留学エージェントですので、学校正規価格よりも費用が高くなるという事は一切ありません。むしろ学校がエージェント向けに行なっているキャンペーンなどを利用できる場合もあり、その場合は安く留学できます。
また、特に老舗学校などでは、エージェント経由でのみ入学可能な学校が沢山あります。
学校選びに関しても、学校自身がアピールしている主観的なポイントだけでは無く、客観的なポイントもお伝え出来ます。
その他サンフレンズでは無料で海外対応ポケットWiFiなど便利なツールをレンタル可能です。
フィリピン留学の年齢制限を教えて下さい。
フィリピン留学は何歳でも留学可能です!
20歳前後から40代までの方が最も多いですが、シニア世代の方や中学生、高校生のジュニア世代の方も多く留学されています。
フィリピンに単身で入国できる年齢は15歳以上ですが、それ以下の年齢の方でも親子留学や特別な申請を通す事で留学可能です。
セブの治安はどうですか?
日本と比べると、スリや賭博、置き引きなどの発生件数は多いです。
しかし、世界中見渡しても日本より治安の良い国は存在しません。
「海外にいるんだ」という意識を常に持ち、基本的な防犯対策を行いましょう。
学校敷地のゲートにはプロの警備員が24時間常駐していますので、学校内に部外者が入る事はありません。
留学中はどこにホームステイするんですか?
ホームステイは行いません。
フィリピン留学は全寮制なので、英語学校の敷地内にある宿泊寮、もしくは学校近隣のホテル寮に滞在します。
学校敷地内に、講義棟、宿泊寮、食堂など生活に必要な機能が揃っています。
滞在先から学校まではどうやって通いますか?
フィリピン留学は全寮制で、学校敷地内に滞在しますので、移動は全て徒歩圏内です。
休み時間に寮に戻る方も多いです。
登下校に公共交通機関を使う事はありません。
大学のキャンパス内に講義棟・宿泊寮・食堂が全て揃っているようなイメージです。
外部ホテル寮を使用する場合は、学校が学生専用の送迎バスを提供します。
スパルタ式とはなんですか?
スパルタ式とは「平日は学校の外に出ることが禁じられ、朝から晩まで英語の勉強をする」カリキュラムです。
特定の学校のみが提供しています。
毎日小テストや強制的な自習室での自習が実施され、出席率や小テストの点数が悪ければ、その週末の外出も禁止というようなところが多いです。
かなり体力を使うカリキュラムです。
全く英語が話せないのですが留学可能ですか?
留学可能です。フィリピン留学は特に初心者〜中級者の方に人気の留学先です。
しかし、講師が日本語を話せるわけでは無く、授業は全て英語で進行しますので、
留学する前に高校レベルまでの英単語や文法を総復習して下さい。
単語や文法と言った英語の基礎力が無ければ、英語は急成長しません。
フィリピンの電源プラグのタイプはなんですか?
フィリピンは基本的に日本と同じA型プラグです。しかし電圧240Vであり、日本は100Vと大きく異なりますので、変圧器が必要な場合もあります。お使いの商品の対応電圧を確認して下さい。(スマートフォンの充電器などは240Vも対応していることが多い)
虫は出ますか?
熱帯性気候の南国なので、虫に遭遇する事もあります!
しかし、教室や宿泊施設に大量発生するというわけでは無いので安心して下さい。
ただし宿泊施設で食べ物や甘い飲み物を保管する場合は必ず蓋をして冷蔵庫内に入れて下さい。
蟻を引き寄せてしまいます。
土日は何をしますか?
フィリピンの英語学校は一部を除いて土日祝日は授業がありません。
休日は自由行動となりますので、友達と観光地に行ったり、ビーチリゾートを楽しんだり、外食したり、自習に励んだりと様々な過ごし方が出来ます。
留学中に怪我をしたり病気になったりしたらどうすればいいですか?
セブは現地在住の日本人も多いため、日本語医療サービスが充実しています。
万が一、怪我や病気になってしまった場合はセブドクターズ病院やチョンワと言う大手総合病院に行く事になります。
日本で言う大学病院のような大きな病院です。
ここでは英語を話せない日本人でも診療を受けられるようなサポート体制が整っています。
また、留学前に必ず海外留学保険に加入して下さい。
キャッシュレスで医療サービスが受けられます。

記事が気に入ったら フォローしよう!