留学検討中の方必見!留学準備を始めるタイミングはいつ?

皆さんこんにちは!

手数料無料・国内最安価格!札幌のフィリピン専門留学エージェント、サンフレンズ留学センターです!

今回は「フィリピン留学に行きたいが、どれくらい前から準備を始めたら良いのか?」という質問にお答え致します。

結論、シンプルに「留学準備開始は出発一年以上前からでもOK!早ければ早いほど良い!」のですが、留学の先輩方の例も踏まえてわかりやすく見ていきましょう。

3ヶ月以上前から準備開始が一般的!

フィリピン留学は留学期間にかかわらず「3ヶ月以上前から留学準備を開始する」事が一般的です。

フィリピン留学では事前のビザ申請は必要ないのですが、全寮制であるために、宿泊寮が埋まってしまうと入学出来なくなってしまうのです。

制限なくお好きな学校・お好きな部屋タイプで留学プランニングするために3ヶ月以上前から留学準備を開始される方が多くなっています。

留学をする決めたら、まずは弊社にご連絡下さい。

札幌駅オフィスでの対面相談でも、Skype通話でもオンラインメッセージでも構いません。

その際に、当サイトの学校情報ページにて予め気になる学校をピックアップしてお伝え頂いても良いですし、留学相談を進める中で希望事項をヒアリング致しますので、それらを踏まえて複数の英語学校をご提案致します!

またパスポートも早めに取得するようにしましょう。

パスポートには5年有効なものと10年有効なものの2種類があります。

コスト的に20歳以上の方は基本的に10年有効のパスポートで良いでしょう。

留学のご相談をされる段階ではパスポートは必要ございませんが、後の手続きで必ず必要になりますので、なるべく早めの行動を心掛けましょう。

パスポートの有効期限と価格、年齢まとめ
有効期限 5年 10年
対象年齢 12歳未満 12歳以上 20歳以上
費用 ¥6,000 ¥11,000 ¥16,000

またパスポートをお持ちの方でも、フィリピンへの入国には下記の事項をクリアしている事が必要となりますので、ご確認下さい。

  • 有効期限が6ヶ月+滞在日数以上あること
  • 旅券の未使用査証欄が見開き2ページ以上残っていること

人気校/人気のお部屋は半年以上先まで予約でいっぱいの場合も!

大学などの夏休み・春休みシーズンはピークシーズンとなり、各国からの留学生が沢山訪れます。

ピークシーズン期間の、人気の学校で且つ人気のお部屋タイプ(価格が一番安いお部屋など)は、なんと半年以上前から予約が埋まっている事も大いにあります。

例) 2019年3月現在→2019年9月いっぱいまで某学校の6人部屋は満杯

特に社会人の方で「有給を利用して留学したい」という方は有給が申請出来るのか不透明な事も多いでしょうし、なかなか留学計画を具体化出来ない方が多いと思いますが、第三者による制限なく自由に学校とお部屋を選択していただくために、「3ヶ月前まで大丈夫」とは言わず出来るだけ早くから行動を開始しましょう!

留学費用の支払いはいつまで?

カウンセリングを通してご希望の学校・コース・お部屋・留学期間が決定し、その期間で学校に空室がある場合、留学本申し込みを行います。

その際には「留学プログラム申込金として¥15,000」をお支払い頂きます。

この「留学プログラム申込金:¥15,000」は余分に発生するものではなく、後にお支払い頂く留学費用の一部として取り扱います。

留学費用(出国前支払い費用)から上記の¥15,000を差し引いた残額は、出発の6週間前までにお支払い頂きます。(原則、銀行振込)

例) 2019年8月1日に留学へ出発する場合
2019年4月1日に留学本申し込みを行った。(¥15,000の申込金をその場で支払い)

2019年6月17日(8月1日の6週間前)までに留学費用(出国前支払い費用)から¥15,000を差し引いた残額を銀行振込でお支払い。

駆け込みギリギリの留学手続きのデッドラインは?

有効なパスポートを既にお持ちの場合は、出発予定ギリギリからでも留学手配が可能です!

デッドラインは、目安として1週間前としております。(特例も有り)

その場合は通常のお申し込みとは異なり、留学費用の全額を弊社指定日までに一括でお支払い頂きます。

但し、下記の留意点がございますのでご了承下さいませ。

駆け込みでの留学出発の留意点
  • 好みの学校やお部屋などが埋まっている場合が有ります。
  • 航空券代金は高くなってしまいます。
  • 緊急出発手配料として追加料金が発生致します。(弊社約款参照)

留学すると決めた時からやっておきたい事

留学するとご自身で決めた瞬間から行って欲しいことが2つあります!

ひとつめ:歯の治療は済ませておくべし!

今治療中の歯がある方も、しばらく歯医者に行っていない方も留学前には歯の治療・検診を済ませておきましょう!

万が一現地で歯が痛くなった場合、海外留学保険ではどの会社でも基本的に歯科治療は保険が下りないので、実費で支払うことになってしまいます。

また、歯の治療のような繊細な治療は「日本人歯科医にやって欲しい」と思う方が多いのではないでしょうか。

ふたつめ:英語の学習を必ず行うべし!

「フィリピンについてから勉強しよう。」と思っている方も多いと思いますが、これは大きな落とし穴です。

フィリピンはマンツーマン授業が受けられて、いくら初心者に向いているとは言っても授業は英語の解説で進行します。

わかりやすい簡単な単語などを用いて解説してくれるのですが、その簡単な単語すら分からない状態だと授業自体が機能しません。

そして、そのような時間を1日何時間も過ごす留学生活は、苦痛でしかありません。

弊社ホームページの至る所で記載しておりますが、「基礎英単語と基礎英文法」は出発前から必ず学習するようにしてください。

今回は留学準備の開始時期について、その他準備して欲しい事項について書きました。

理想的には、十分に余裕を持った留学準備で、留学生活への準備を万端にしたいですね。

フィリピン留学のお問い合わせお待ちしております!

記事が気に入ったら フォローしよう!