どうしてフィリピン留学がおすすめなのか

格安で、日本に近い場所で英語を学べると、ここ数年人気が高まり、毎年留学生が増えているフィリピン留学。

特に今まであまり英語が得意ではなかった方々に人気で、フィリピン留学をしてからカナダ・オーストラリアなどにこれからワーホリに行く2ヶ国留学というものも人気高騰中です。

しかし、「英語に興味はある。でも留学にまでいくのはちょっと…ましてやフィリピンか。」と思っている方も多いでしょう。

そんな方々に少しでも留学に興味を持ってもらうために今回はお話します!

 

①フィリピン人講師は日本人の英語向上にピッタリ!!

 

 

親日的で、国民柄明るい性格の人々が多いフィリピン。

フィリピン留学では、そんなフィリピン人英語講師からマンツーマン授業をメインに英語を学びます。

他の記事内でご説明しましたが、フィリピンは英語ネイティブの国ではなく、母語を他に持ちながら彼らは公用語として小さい時から英語を学び、実践しながら生活しています。

記事はこちら→なぜフィリピンは英語レベルが高いのか?

言わば、我々日本人にとって英語学習の大先輩ですね。

自分たちも英語学習者であったからこそわかる、上達のコツや躓きやすいポイント等を実際に経験しながら理解しているので、特に英語があまり得意ではない学生さんが英語学習のベースを築くために非常に有効な教え方をしてくれます。

従って「日本語と全く違う言語である英語を学ぶ日本人」の英語指導にとてもマッチしているのです。

その講師たちとマンツーマンで勉強できるので、わからないところはその都度細かく確認できるというのも重要なポイントです。

マンツーマン授業とスクールスタイル授業(講師一人で複数の学生)を比較すると、どちらも良いところがありますが、スクールスタイルの場合は、わからないところがあったら挙手してバンバン発言できる、質問できる人でないと、マンツーマン授業のように細かいところまで確認しづらいのは確かです。

個人差はもちろんありますが、「輪を尊重する」という日本の教育を受けて育った我々日本人は他の人もいる授業を度々中断するという事に本能的なためらいを感じてしまうのではないでしょうか。

英語に自信がある方ならまだしも、初心者の方はなおさらですね。

その点からも、フィリピン人講師によるマンツーマン授業は日本人の英語向上にピッタリなのです。

②日本人や韓国人が学校経営をし、カリキュラム作成に携わっている!!

 

現在でこそ学生の多国籍化が進んでいますが、元々フィリピン留学は、日本語と同じく英語と全く違う韓国語を母国語とする韓国がスタートさせたものです。

記事はこちら→フィリピン留学の歴史

そのような国の人々が英語を上達できるように作られたカリキュラムで勉強できるという事は、我々日本人にとって大きなストロングポイントです。

事実、日本人が英語を学ぶのと、スペイン人やドイツ人などが英語を学ぶのでは英語の伸びるスタイルやスピードが違います。

どうしてでしょうか?

それには母国語が強く影響しています。

日本の学校教育のお陰もあり日本人は比較的英文法には強いようですが、そもそも英語とはゲルマン語を起源に、ラテン語などの影響を受けて形成された言語ですので、英語と近いルーツをもつ言語(スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、フランス語、など)を母国語として話す国の人々は、感覚的にわかる語彙数や言い回しといった表現力に長けています。

(もちろん個人差はあります。)

例) 日本語「人懐っこい」 英語「amiable」 スペイン語「amable」など多数の似ている単語を使っている。

 

 

これは私 堀口のスペイン留学中の実体験ですが、当時学校には欧米系、アフリカ系の学生が大多数で、日本人は私一人、あとは韓国人、台湾人、中国人が一人ずつといった構成でした。

最初は皆同じクラスで授業を受けましたが、欧米系、アフリカ系の学生がぐんぐん伸びていく一方で我々アジア系の学生は全く授業についていけず、途中からアジア系学生のための特設カリキュラムクラスが併設されました。

そのクラスで無事にスペイン語を上達させる事ができたわけですが、前述のように他の言語を学習する時には母国語の影響が非常に強く出るんだなと痛感しました。

その後私はカナダやフィリピンに留学しましたが、おもしろいことに習得したスペイン語の影響で、初めて聞く単語や言い回しの意味がなんとなくわかったりと英語学習に非常に役立ったのです。

これはスペイン語学習での話ですが、英語学習と同じく、日本語と言語体系の違う第二言語を学ぶという事ですので、参考になれば幸いです。

従って、日本人向けのカリキュラムでしっかりと英語のベースを作る事が、その後の英語学習でより高い効果を出すために役に立つということなのです。

日本人や韓国人が経営している学校がほとんどで、特化したカリキュラムを提供してくれるフィリピン留学の良さをひとつ、お分かりいただけたでしょうか。

③異国、多文化、多国籍の中で日本人として生活する!!

 

これは留学・海外生活全般のお話になります。

当然ですが、自分の生活している国の常識が、文化の異なった他国でも常識であるとは限りません。

例えば、親指を立てるサインでグッジョブ!やいいね!の意味として我々は使っていますが、イスラム圏では最大の侮辱行為になってしまいますし、個室トイレが空いているか確認するためにノックをする行為は欧米で「早くでてこい!」の意味になります。

海外留学に行くと、実際にそのような場面に出くわすことがあります。

どちらが正しいのかではなく、多様性を学んで受け入れる、そしてそのシチュエーションで適切に行動することが大事で、それらを通じて国際感覚を身につけることができるのです。

それによって日本という国がどんな文化なのか、改めて考えることになるでしょう。

日本での生活と、他国での生活を通じて初めて比較できるようになるからです。

日本がより好きになったり、日本の問題点に気がついたり、その人その人によって様々な影響を受けますから、海外生活で自分の考え方が大きく変わることも多いです。

また、学校のグループ授業や友達との会話の中で、日本の事を説明する場面もあると思います。

その瞬間、その場で、あなたは日本を代表して話す事になりますから、適当な事や間違った事は言えませんし、意外と説明できるほどわかっていないことに気がつきます。

日本の事をしっかり英語で説明できるように準備したいですね!

これらは日本にいるだけでは中々経験することができません。

こうした経験や国際感覚が刺激になり、将来やりたいことや、次の目標発見に繋がって行きます。

一人でも多くの人にフィリピン留学の魅力を!

 

さて、この記事の最後になりますが

①フィリピン人講師は日本人の英語向上にピッタリ!!

②日本人や韓国人が学校経営をし、カリキュラム作成に携わっている!!

③異国、多文化、多国籍の中で日本人として生活する!!

の三点でフィリピン留学をお勧めする理由についてお話しさせて頂きました。

これら3つのメリットに加え、もちろん料金も比較的安く短期1週間から留学できるとは魅力的ですよね!

この記事を読んで、フィリピン留学がより多くの方々に魅力的に伝わればなと思います。

いつでもご質問などお待ちしています!

関連キーワード
もっとフィリピン留学情報を見る