【動画で紹介】セブ・マクタン国際空港第2ターミナル空港ピックアップ

フィリピン留学専門エージェント、サンフレンズは手数料無料の留学センターです。

今回は、20187月よりオープンしたセブ・マクタン国際空港第2ターミナルの紹介をいたします! 

セブ・マクタン空港第2ターミナルの説明
 
2018年6月までセブ・マクタン空港は国際線・国内線が1つのターミナルへ発着していました。2018年7月より国際線専用の第2ターミナルがオープンし、既存のターミナル1は国内線専用ターミナルとなりました。したがって、マニラ経由でセブ島へ行かれる方はターミナル1に、直行便やマニラ以外の空港を経由してセブ島へ行かれる方はターミナル2に到着することになります。

セブ留学が迫ると、空港到着後に学校スタッフと会えるか不安もあるかと思いますが、本記事の動画と併せて空港ピックアップの流れをご確認ください。

空港到着後の入国手続きは以下の3ステップとなります。

 入国審査(パスポートの提示、入国カードの提出)

フィリピン・マクタン島の空港に到着後、飛行機から空港ターミナルの到着口に入ります。

 

Baggage Claim(荷物受取)”、”Transfers(乗換)”そして”Passport “Control(入出国審査)”のサインがありますので、道なりにまっすぐ進みます。

 

Passport Control(入国審査)のカウンターへ。時間帯によってはこのように混雑します。

ここでは”All Pasport””Foreigner(外国人)”のラインに並んでください。 

入国審査のカウンターでは、入国審査官より質問されることがあります。

質問に対する回答の英文例を↓の記事で紹介しているのでご不安があればご確認ください♪

併せて読みたい→[フィリピン到着時]入国の流れをチェック!

 

入国カードや税関申告書は飛行機内で配布されるので、次のリンク記事を参考に機内で記入を済ませておきましょう。

↓の記事にて、「入国カード」「検疫カード」「税関申告書」の書き方詳細を紹介しています。

併せて読みたい→[入国カード]フィリピン入国時に必要な書類の書き方について

 預入荷物の受け取り

入国審査を通過すると、Baggage Claim(荷物受取)のへ進みます。エスカレーターを降りて、搭乗していた航空機の便名が表示されている荷物受取レーンでスーツケースを受け取ってください。

ここでもし、預入荷物を紛失・破損した場合はLost&Foundカウンターで問い合わせましょう。

自分の荷物をわかりやすくするために、バンダナを巻いたり目印をつけることをお勧めします。

 税関審査(税関申告書の提出)

Baggage Claimでスーツケースを受け取った後、税関申告のカウンターへ向かいます。

税関申告書も飛行機の中で配布されるので、機内で記入を済ませておくと良いでしょう。

税関審査カウンターを過ぎると、待ち合わせエリアがあるターミナル出口へ進みます。

ここでは、セブの語学学校の空港ピックアップスタッフが大勢待機していますので、入学する学校のスタッフを探してください。

 これからセブ留学へ行かれる方は、空港ピックアップのスタッフに無事会えるのか心配もあるかと思います。

実際の、空港ピックアップの様子をこちらの動画でご紹介しておりますので参考にしてみてください!

入国手続きのまとめ
(1)入国審査(パスポートの提示、入国カードの提出)

(2)預入荷物の受け取り

(3)税関審査(税関申告書の提出)

フィリピン留学のご相談・お申込はフィリピン留学専門エージェントのサンフレンズにお任せください。

いつでも日本全国よりお申込が可能となっておりますので、以下のボタンよりお問合せをお待ちしております♪

記事が気に入ったら フォローしよう!