フィリピン短期留学で結果を出す方法を徹底解説

札幌のフィリピン専門留学エージェント、サンフレンズは世界基準の英語教育を提供する語学スクールを運営しております。語学スクールを運営しているからこそお伝えできる視点で、短期留学の効果や対策を解説します!

1週間からでも格安留学が可能なフィリピンでは、短期留学の人気も高まっています。短期留学というと1週間から2か月、3ヶ月程度の留学期間を指します。

長期休暇を取ることが難しい社会人を中心に、短期留学を選ばれる方が増えておりますが目標としている英語力を手に入れることができるのでしょうか?

「短期留学では英語が伸びない」「1週間の留学はムダ」といった情報がありますが、本当に英語が伸びないのか・伸びないのなら何が理由なのかを本ページで徹底解説致します。

結論から言いますと、普段の学習習慣によって成果は大きく異なります。

日常的な学習習慣 短期留学中の英語上達
あり 高い
なし 低い

結論的に、普段英語を学習していない人にとっては大きな変化を期待するためには、中長期の留学が効果的。
その一方、普段英語を学習している人にとっては短期留学でも成長を実感できると言い換えることもできます。

そもそも英会話とは何か?

留学に期待する成長とは、多くの人にとって「会話力」です。
ここで一度、そもそも英会話とは何かを考えてみましょう。

英会話とは文字通り、「英語を使った会話」のことですよね。
当たり前じゃないかという声が聞こえてきそうですが、会話とは何でしょうか?
会話とは「話す」「聞く」の繰り返しですよね。

しかし、言語について何の知識もなく突然話したり聞いたりすることができるようにはなりません。
英会話をするためには英語のルールや最低限の単語を理解する必要があります。

英語のルールは「文法」と言い、崩れた文法の英語はブロークンイングリッシュと言われます。
単語の知識が無ければ、言葉に詰まり伝えたい内容を話すことができません。

そもそも英会話には、リスニング力とスピーキング力が必要です。そして聞いたり話したりする英会話を上達させるためには文法と単語の知識をインプットする準備が必要です。
会話とはアウトプットをすることなので、文法・単語の知識がなければすぐに行き詰ってしまいます。

初めに、結論として、普段英語を学習していない人にとっては短期留学で大きな変化を期待することは難しく、普段英語を学習している人にとっては短期留学でも成長を実感できると説明をしました。

では、なぜ普段英語を学習していない人にとって大きな変化を期待することが難しいのでしょうか。英語を流ちょうに話せるためにどのくらい学習時間が必要なのでしょう?学習の効果を高めるうえで「」と「」の2つを考える必要がありますが、まずは「」に注目してみましょう。

日本人にとって英語習得に必要な学習時間は3000時間

初めに、日本人が英語習得のために必要な時間はどのくらい必要なのでしょうか?
米国の国務省FSIの調査によると、日本人が英語を習得する目安は2000時間と言われています。または、日本人にとって英語習得に必要な時間は最低でも3000時間とも言われています。

3000時間というと、1日1時間勉強したとして、8年と少し必要な学習量となります。
途方もない時間とも思われますが、高校までの教育で1000時間はすでに勉強していますので、大学以降に必要な学習時間は2000時間となります。

もし、日本で残りの2000時間を学習する場合、以下の学習年数×1日の勉強時間が必要になります。

1年間で2000時間の英語学習をするためには、毎日6時間英語を勉強する必要があります。
毎日6時間の学習時間を取るれる人は限られていますが、1.5時間毎日学習して3年で英語を習得することは想像できるかと思います。
私自身、1日1時間毎日英語を勉強して、4年で日常英語を習得したので上の学習時間は的を射ていると思います。

フィリピン留学では1週間40時間学習可能

それでは、フィリピン短期留学では何時間の学習ができるのでしょうか?
1週間のうち月曜日から金曜日まで5日間、1日8時間勉強すると仮定すると以下のようになります。

日本で英語を1日6時間勉強することは大変ですが、フィリピンの学習環境はマンツーマン&小グループ授業です。一人で黙々と自習するのではなく、先生や他の国の同じレベルの生徒と学ぶので自習と違い楽しく学ぶことができます。フィリピンで1日8時間授業を受ける一般的なコースでは、1週間で40時間、1ヶ月では160時間、3ヶ月では480時間の学習が可能です。

さて、大学生以降は英語習得のために2000時間が必要と説明しました。それでは、短期留学で経験できる学習時間は必要とされる学習時間の何%でしょうか?

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の留学で必要な学習時間あたりの割合は図の通りです。1年留学した場合は日本で高校卒業後に英語に触れていなくても英語ペラペラになることは簡単ということはお分かりいただけるかと思います。そして、1ヶ月ですと、2000時間の8%を学ぶことになります。6ヶ月の留学の場合、義務教育を終えた後に必要な学習時間の約半分を達成できることになります。

このように、学習時間の側面から見ると普段まったく学習習慣がない方にとっては、英語を流暢に話せるようになるために短期留学ではなく中長期留学が効果的であることをお分かりいただけたと思います。その一方で、普段コツコツと英語学習している人は1ヶ月から2ヶ月の留学でも飛躍的に英会話力を伸ばしている人が大勢います。

では、なぜ普段から英語に触れている人は短期留学で高い成果を上げているのでしょうか?

直線的ではない、英語の学習曲線

英語の学習は筋トレやダイエットと同じく、時間とともに直線的に伸びません。発展期で飛躍的に伸びた後、しばらく停滞期が続き、次に訪れる発展期でさらに向上します。義務教育で、初めの準備期を経験されたことを思い出してみてください。Be動詞の変化、三単現のs、一般動詞の過去形や過去分詞形をいくら覚えても話せるまで程遠いい気持ちだったかと思います。

しかし、受験勉強やTOEIC、英検などで毎日の勉強時間を継続的に増やすと、英文の「文章構成能力」が上がって英文を作るスピードが早くなったという経験はありませんか?その後、英会話をできるようになるために、言葉に詰まったり文法を何度も間違えながら停滞期を経験し、あるとき英語を話すことが楽になります。それが、2回目に訪れる発展期です。この時に頭の中で起こっていることは、「日本語」で考えず「英語」で考える文法構造が身に付いたと言えます。

英語でスラスラと文章を作れるようになるために、停滞期を乗り越えて継続的に学習をすることが大事だとお分かりいただけたと思います。日常生活で全く英語に触れない場合、留学中に経験することは「停滞期」ですので、飛躍的な上達が難しいのです。

ここまで、学習時間()の側面から短期留学について説明しました。しかし、やみくもに学習しても話せるようになりませんよね。例えば、語彙の勉強を100%して文法を学ばなければカタコト英語から抜け出せません。Youtubeや映画でリスニング力を楽しく伸ばしても、スピーキング力は一向に伸びません。ここからは、「量」ではなく学習の「質」の面からご説明します。

英会話向上に必須の「言語の学習サイクル」

英語を話せるようになるためには、「個人内の知識」「対人間の技術」の2つが不可欠です。日本で日常的に行う学習の殆どは「語彙」と「文法」の学習、すなわち知識のInputを行っています。Inputした知識は、「話す」「聞く」といった相手がいて初めて成立する学習でOutputすることで、自分自身の言葉として定着します。このサイクルを滞りなく回すことが質の高い英語学習となります。

「話す」「聞く」といった技術の向上のためには、「語彙」「文法」の知識が不可欠です。そうしなければ、留学中に自習室でコツコツと単語を覚えたり文法の問題を解かなければなりませんので、効率的に英語を伸ばすことができません。ここまで、短期留学で結果を出すために日常的な学習が必要ということ、そして2000時間の学習と質の高い語学学習サイクルについてご説明しました。ここからは、inputとoutputの学習サイクルを効果的に回す方法をご紹介します。

input学習は日本で、output学習はフィリピンで行う

日本ではネット環境も教材も海外より充実しています。その一方で、外国人と話す時間は作りにくいので、Inputに最適です。日本国内では、根気が必要な時もありますが単語を覚え文法をマスターしましょう。海外留学中に、日本でもできる単語や文法の学習に多くの時間を割くことほどもったいないことはありません。

海外生活は限りある会話力を鍛えるチャンスです。英会話力を高めるために、物おじせず自分の意見をはっきり言いきり、わからないことは先生へ徹底的に質問し、他国の生徒と思う存分交流すると楽しみながら英会話力は自然と伸びます。したがって、「日本でできること・海外でできること」にメリハリをつけることが効果的な学習となります。

なぜ、サンフレンズは短期留学で高い学習成果を達成しているのか?

ここまでの説明で、短期留学で成果を上げるためには事前学習がいかに大切かお分かりいただけたと思います。しかし、語彙と文法の学習をどのように行えばベストなのか学習方法論を全ての人が知っているとも限りません。そこで、勉強の方法を誰に相談してよいのか…というのが留学前学習の課題になります。

留学エージェントの担当が英語の学習をサポートすることができれば理想的ですが、日本全国の留学エージェントを比較すると殆どが留学手続きのみのサービスとなり英語学習の知識がありません。しかし前述の通り、サンフレンズは世界基準の英語教育を提供する語学スクールを運営しております。したがって、留学中にOutputに専念できるよう留学前学習サポートを万全に行っています。

 

1ヶ月の短期留学でも留学中に「発展期」を迎え、留学の効果を実感してもらえるよう「停滞期」を乗り越えることができるよう留学前の学習サポートをサンフレンズは行います。サンフレンズは全スタッフが英語学習に精通し、学習相談も可能である他、留学期間に応じて外国人講師のレッスンも無料で贈呈しています。

留学へ挑戦する人にとって現在のレベルと目標のレベルがわからなければ、課題が明確化されないので留学申込後に英語レベルチェックテストを受けていただき、テスト結果に基づき最適な留学準備カリキュラムを提供しています。

サンフレンズではフィリピン名門校で6年間ヘッドティーチャーを歴任したベテラン講師Kent先生が丁寧にわかりやすく英語を教えています。英語学習の本場フィリピンで、Kent先生はビジネス英語・医療英語などマンツーマン授業やグループ授業で延べ1000人以上の日本人に教えてきました留学前に、本場のレッスンを受けることができる唯一の場所は全国でもサンフレンズ以外にありません。したがって、サンフレンズから留学される方は短期留学でも英会話の上達を実感して帰国されています。

Kent先生の留学前レッスン情報はこちら!

長期留学へ行くお時間が取れないけど、留学で目標としている英語レベルまで伸ばしたい!効率的に英語を学習して最短距離で英語ペラペラになりたい!という方、まずはサンフレンズまでお気軽にお問合せください♬ご一緒に目標を達成しましょう!

フィリピン短期留学で結果を出す方法のまとめ
1.英語習得に必要な学習時間の目安は3000時間
2.高校卒業後に必要な学習時間は2000時間
3.英語の学習曲線「発展期」に留学を経験すべき!
4.日本ではInputに集中し「停滞期」を乗り越える
5.サンフレンズなら短期留学でも目標を達成できる

記事が気に入ったら フォローしよう!