オーストラリアETAS/ETA(観光ビザ)イータスの申請方法完全ガイド

フィリピンから二か国目の留学先としてオーストラリアはとても高い人気があります。

本記事ではオーストラリア短期留学に必須となる3ヶ月間の滞在が認められるETAS(観光ビザ)の取り方を実際の画面と共に解説します。

オーストラリア滞在中は語学学校へ通うこともできるため、3ヶ月以内の短期留学の場合はETASを取得することになります。日本のパスポートを持っていれば、ビザなしで入国できる国が殆どですが、オーストラリアでは必ずビザ取得が必要になります。

多くの国でビザが必要とされない日本人。ですので、「ビザ取得」と聞くとちょっと面倒だな、難しくないかな‥と考える方も少なくないかもしれませんね。

実際は、ETASの申込は日本語ページもありとてもシンプル。本ページを参考にすれば簡単に取得することができます。

 

ETAS(ETA)イータスとは?

ETASは「イータス」と呼ばれ、Electronic Travel Authority Systemの頭文字をとった名称です。

ETA」とも呼ばれておりますが、どちらも同じ短期滞在を目的とした渡航許可を意味します。

 

ETASの発行日から12か月間、観光または商用での渡航を1回の渡航につき3ヶ月まで認めるVISAですのでご旅行や短期留学の際に、必ず必要となる手続きです。

また、ボランティアや習い事、スポーツへの参加も可能ですが、注意点として、就学期間は最長で3ヶ月となりますので、12か月の滞在可能期間中3ヶ月留学した場合、2回目の再入国の場合、留学は出来なくなります。なお、ETASは就労ビザではありませんので、現地でお仕事をされる方は別のビザが必要になります。

また、オーストラリアのビザ全般に言えることですが、ビザ取得後はパスポートにシール等が貼られることは無く、オーストラリア政府のサーバー上で管理されオーストラリアへ入国が認められます。したがって入国の際にはパスポートを提示するだけでETASの所持確認が取れる仕組みとなっております。

オーストラリア政府のコンピュータ上の認可となるため申請者がビザセンター等に出向く必要はなく、ご自宅で簡単に申込が可能となります。

オンライン申請の必須条件
-現在オーストラリア国外にいること
-ETAS対象国のパスポートを有していること(日本のパスポートが必要)
-刑期の合計が12か月を超える有罪判決を受けていないこと
-結核を患っていないこと
-Eメールアドレスを持っていること
-有効なクレジットカード(VISA、Master、アメックスの他JCBも可)

 

ETASの申請料金は、$20となりクレジットカード払いとなります。以下のリンクをクリックすると、日本語表記のオーストラリア政府移民局のサイトへ進みます。

https://www.eta.homeaffairs.gov.au/ETAS3/etas?locale=ja&submit

オンラインにて申請が可能で、所要時間は10分程度ですのでパスポートとクレジットカードをお手元に進めてまいりましょう。

ETASの申請手続き

ETAの申請をクリック

「ETA申請の前に必ずお読みください」と記載されたinformationを読んだ後、「ETAの申請(A)」をクリックします。

観光・親族訪問か短期商用かを選択

3ヶ月以内の短期語学留学の場合は、ETAの種類で「観光・親族訪問」を選択します。また、オーストラリア国外からの申請が必須条件となります。日本からの申請は「日本」を選択しましょう。

個人情報・パスポート情報の入力

 

パスポートをお手元にご用意の上、入力を進めてまいりましょう。パスポート情報に誤りがないよう、最終確認をお忘れなく行ってください。

ページ最下部の「発行官庁」は日本で取得したパスポートの場合「MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS」と入力することになります。

生年月日やパスポートの発行日、パスポートの有効期限を入力する形式として2020年1月1日の場合、”01-JAN-2020″とする必要があります。

英語で1月~12月までの略記は以下の通りとなります。

1月 JAN 7月 JUL
2月 FEB 8月 AUG
3月 MAR 9月 SEP
4月 APR 10月 OCT
5月 MAY 11月 NOV
6月 JUN 12月 DEC

住所及び連絡先の入力

住所の表記方法は、「北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1」を例に取ると以下の通りとなります。

6-1 Nishi 5-chome Kita 7-jo Kitaku
市区町村 Sapporo
州/省/都道府県 Hokkaido

電話番号は、日本の「国番号」である”81“を入力し国内電話番号の初めの0“を抜いた国際電話番号を入力します。

日本の電話番号 国際電話番号
050-5357-9587 81-50-5357-9587

入力情報の最終確認

入力した情報に誤りが無いか、パスポートを参照し最終確認をしてください。

クレジットカード情報の入力

ETAS申請にあたり、$20をクレジットカードにてお支払いする必要があります。VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCBを利用することができます。(2019年10月現在)

支払完了画面

お支払いが承認されると、「お客様のETA参照番号」が赤字で表示されます。今後、ETASの有効期限を確認するために必要となる番号ですので控えておくと良いでしょう。

ETAS発給確認

 

通常、ETASの結果は12時間以内に表示されますが、もし12時間以内にETASが発給されなかった場合、またはオーストラリア大使館に問い合わせるようにメッセージが届いた場合は、別途大使館への連絡が必要になります。したがって、渡航予定日まで余裕を持って申請することをお勧め致します。

現地で3ヶ月より長く留学を続けたくなったら?

3ヶ月以内のオーストラリア留学を体験して、「もっと長くいたい!」「期間を延長してオーストラリアに居たい!」と考える方も少なくありません。その場合、オーストラリアに居る間に「学生ビザ」に切り替えを申請することで、オーストラリアで留学生活を6か月まで延長することができ、最長20時間/週までアルバイトをすることも認められます。

 

フィリピン留学をはじめオーストラリアへの二か国留学は専門エージェントのサンフレンズにお問合せください♪

ご安心して留学生活をお送りいただけるよう、北海道で唯一、シドニー提携オフィスと現地サポートをご用意してお待ちしております!

 

北海道から二カ国留学ならサンフレンズ

10年以上に渡って毎年フィリピン各地に足を運んで学校を隈なく視察

オーストラリアでビザ手続き・学校探し・家探し・仕事探しのトータルサポートを現地オフィスで提供するのは

北海道でサンフレンズ留学センターの他にありません。

私達は本気で貴方の大切な留学をアシストします。

札幌駅オフィス、またはSkypeで皆様とお話し出来る事を楽しみにしております!

記事が気に入ったら フォローしよう!