フィリピン留学での1日の過ごし方とは?

皆さんこんにちは!

手数料無料・国内最安価格!札幌のフィリピン専門留学エージェント、サンフレンズ留学センターです!

このコラムでは、フィリピン留学中の1日の過ごし方についてご紹介します。

フィリピンの英語学校は基本的に

  1. ノーマル型カリキュラムの学校(非スパルタ)
  2. セミスパルタ型カリキュラムの英語学校
  3. スパルタ型カリキュラムの英語学校

の3つにソートできますので、3つともそれぞれご紹介します!

ノーマルカリキュラム(非スパルタ)

英語学校の授業は基本的に月曜日から金曜日の平日に行われます。

平日のスケジュール例
6:50 – 7:40 朝食
8:00 – 8:50 マンツーマン
9:00 – 9:50 小グループ
10:00 – 10:50 空きコマ
11:00 – 11:50 マンツーマン
11:50 – 13:00 昼食
13:00 – 13:50 マンツーマン
14:00 – 14:50 大グループ
15:00 – 15:50 マンツーマン
16:00 – 16:50 小グループ
17:00 – 17:50 オプションクラス
18:00 – 19:00 夕食
19:00以降 自由時間

コースや学校にもよりますが、週に5日間、1日平均7~8時間のレッスンを受ける事になります。

朝8時から1時間目が始まり、それまでに朝食を済ませます。

12:00くらいまでレッスンは続き、昼食を挟んでから、また夕方までレッスンを行います。

レッスンの合間には5-10分ほどの小休憩があり、学生同士でおしゃべりを楽しむ姿が見られます。

また、自身の時間割に応じた空きコマ時間が設けられるので、その時間は自習しても休んでもOKです。

授業終了後は自由時間なので、その日の復習や次の日の予習をしたり、運動したり、部屋でリラックスしたり、それぞれの時間を過ごします。

門限時間まで街へ外出して食事をとることも可能です。

特に制限もなく自由な留学生活を送ることができますが、その分、ご自身での自習の時間の確保はとても重要です。
授業時間以外の学習を全くしないと、その日に授業で学習した内容が中々定着しません。
必ず自習時間は確保する様にしましょう!

セミスパルタカリキュラム

英語学校の授業は基本的に月曜日から金曜日の平日に行われます。
週に、決められた4日間のみ外出可能で、その他の日は学校でしっかり授業を受けて自習に励むという形です。

例)水・金・土・日は外出可能

平日のスケジュール例
6:50 – 7:40 朝食
8:00 – 8:50 マンツーマン
9:00 – 9:50 空きコマ
10:00 – 10:50 小グループ
11:00 – 11:50 マンツーマン
11:50 – 13:00 昼食
13:00 – 13:50 マンツーマン
14:00 – 14:50 マンツーマン
15:00 – 15:50 マンツーマン
16:00 – 16:50 小グループ
17:00 – 17:50 オプションクラス
18:00 – 19:00 夕食
19:00 – 21:30 義務自習
21:30 – 22:00 単語テスト

こちらも朝8時から1時間目が始まり、それまでに朝食を済ませます。

12:00くらいまでレッスンは続き、昼食を挟んでから、また夕方までレッスンを行います。

授業終了後は義務自習という形で強制自習の時間があったり、単語テストがあります。

外出不可能な日は学校内で徹底的に勉強し、外出する日にはリフレッシュと言う生活スタイルで過ごせます。

スパルタカリキュラム

英語学校の授業は基本的に月曜日から金曜日の平日に行われます。

基本的に金曜日と土曜日以外は外出禁止で、毎日自習と小テストがあるカリキュラムが多いです。

1日のスケジュール例
7:00 – 8:00 朝食
8:00 – 8:55 マンツーマン
9:00 – 9:55 マンツーマン
10:00 – 10:55 マンツーマン
11:00 – 11:55 マンツーマン
11:55 – 13:00 昼食
13:00 – 13:55 グループ
14:00 – 14:55 グループ
15:05 – 16:00 グループ
16:05 – 17:00 グループ
17:00 – 18:00 オプションクラス/自習
18:00 – 19:00 夕食
19:00 – 20:00 オプションクラス
20:00 – 21:00 小テスト
21:00 – 22:00 自習

こちらも前述の2タイプと同じく朝8時から1時間目が始まり、それまでに朝食を。

通常授業は17:00 or 18:00で一旦終わりますが、そこからオプションクラスや自習、小テストがあるので、夜21:00過ぎまでがっつり勉強するタフなスケジュールです。

決して楽ではないスケジュール配分ですが、単語テストがあると、自分がどのくらい覚えられているのか明確な指標が見えますのでモチベーションキープにも一役買いますね。

単語テストや小テストを朝8:00前に行なっている学校もあります。

どの学校も基本的には朝8:00から授業開始!

ここまで

  1. ノーマル型カリキュラムの学校(非スパルタ)
  2. セミスパルタ型カリキュラムの英語学校
  3. スパルタ型カリキュラムの英語学校

の3つのタイプで1日の流れについて解説致しました。

まとめると

フィリピン留学の1日は・・・

  • 基本的に朝8:00から1時間目がスタート!
  • 通常授業は17:00前後で終了する。
  • カリキュラムタイプによって通常授業終了後の過ごし方が変わる。
  • スパルタ/セミスパルタでは毎日の小テストや自習が義務化
  • ノーマル(非スパルタ)は自由時間が多い分、何をするか自己管理を怠ってはいけない。
  • 始業時間が早い為、規則正しい生活リズムで生活!

このような特徴的事項があげられます。

どのカリキュラムタイプで留学するか悩んでいる方は「適度に休憩があったほうが効率が良いのか/詰め込み式が合うのか」など、ご自身の学習スタイルと相談して決めるために、この1日の過ごし方も参考にしてみて下さい。

サンフレンズ留学センターは日本人スタッフ全員が道産子で有り、北海道に根ざした親身な留学サポートを提供しております。

フィリピン留学についてご相談がある方はお気軽にご連絡下さいね。

Have a nice day!!!

記事が気に入ったら フォローしよう!