[恋しくなる日本食]セブ留学で焼肉を食べてみた!

フィリピン専門留学エージェント、サンフレンズは手数料無料の留学センターです。

留学をご検討中の方からいつでもメール・LINEでご相談をお受けすることが可能です!

 

さて今日は2018年の12月にセブで初めて「ドラム缶焼肉」を食べてきたのでそのレポートをしたいと思います。

*この記事は食欲を異様にそそります。深夜には読まないで下さい!

留学中のあるある!!「日本の味が恋しくなる」

海外旅行など短期間の日本国外滞在ならあまり感じることは無いですが、1ヶ月以上の中長期間で海外に滞在すると、多くの人が日本食を恋しく感じるようになります。
普段から和食が好きな人は絶対と言っても良いでしょう。

各学校、特に日系の学校では食事で日本食が出ます。
その場合はまだ「日本食禁断症状」は出てこないかと思いますが

 

 

 

 

 

焼肉は別です。(断言)

北海道で生活していても、たま〜に焼肉を食べたくなりますよね?
その場合焼肉店に行ったり、外で焼肉をやったり(秋はベンチコートを着て震えながら)楽しい時間を友達や家族と過ごし、ストレスを発散しながらお腹を満たすわけです。
食事そのものの他に付く他の価値を引っくるめて「焼肉の価値」となります。

海外でそれが出来るとしたらどうでしょう?そうです。最高です。

フィリピンの南国暖かい気候で、冷たい飲み物をグビグビ飲みながら美味しい肉に舌鼓を打ち、留学仲間と団欒する!
そしてリフレッシュして次の日から勉強がどんどん捗る!

それがセブで可能と知ってしまった留学前・留学中の貴方は、もう焼肉に行きたくて仕方がないはず・・・。

ドラム缶焼肉「粋」で美味しい焼肉をリーズナブルに

フィリピンには韓国人も多く住んでいますので、サムギョプサルが食べられるレストランがたくさんあるのですが、今回は

セブにあるニッポンの焼肉屋さん「粋」

を紹介します。

粋は日本人の方が経営されている焼肉店で、連日日本人の移住者や留学生で賑わっています。
客はほぼ日本人しかおらず、店長以外の店員さんがフィリピン人で「イラッシャイマセー!」と日本語が飛び交う空間です。
ドラム缶にメラメラの炭を入れて、網をかけて炭火焼肉を食べますので、倉庫のようなスペースを改装した通気性の良い開放的な店舗となっています。

2018年12月に初めてそのお店に行ってきました。

お店のロケーション

ドラム缶焼肉「粋」さんはセブシティの巨大ショッピングモールである「SMモール」から徒歩2分ほどで行けます。

学校から行くことになると思いますので、その場合はGrabやタクシーを使うと良いでしょう!

メニューと値段

*画像クリックで拡大表示

まずお伝えしたい事が「日本ではもう食べられないユッケやレバー」が食べられるという事です!!

その他日本の焼肉屋さんで食べられるメニューは一通りあります。
そして値段もリーズナブル!!!(2019年2月現在だと表記の値段に×2.1をすると日本円になります。)
飲み物もビール60ペソ!!

冷麺などのサイドメニューも充実!
使っているのは韓国の冷麺なので、黒っぽい麺ですね。(日本で有名な盛岡冷麺は白色ですよね!)

またセットメニューを頼めばムンチュサラダ(ドレッシングのかかったレタス)やキムチ、ナムルなどは食べ放題!!

北海道では短い夏しかこのスタイルの焼肉はできないので、私も美味しい焼肉をお腹いっぱい頂きました!

 

セブは各国の料理が食べられる場所

今回はドラム缶焼肉「粋」さんで食べた美味しい焼肉をご紹介しました。

是非セブ島へ留学へ行った時には食べに行って見て下さいね。

セブ・フィリピンは経済発展が著しい国で、沢山の国籍の人々が様々な理由で生活しています。

ですからこの他にも

  • 「フィリピンの伝統料理が楽しめるお店」
  • 「日本でなかなか飲めない本場のドイツビールが飲めるお店」
  • 「本格メキシコ料理のお店」
  • 「お酒を目の前で振ってくれるバーテンダーのいるイタリアンのお店」
  • 「直輸入のチーズとワインが楽しめるフランス人のお店」
  • 「完全日本!の居酒屋」

と言った多国籍な料理が食べられます!

海外留学で快適で有意義な時間を過ごすためには「学・食・住」の充実が大切ですが、そのうちの「食」がこんなにも楽しめるという事はとっても魅力的な事ではないでしょうか。

英語を伸ばすための勉強も、追い込み過ぎるとスタミナ切れで効率が悪くなってしまい伸び悩んでしまいます。
勉強に疲れた時には少し贅沢に美味しい物を食べてリフレッシュして充実した留学生活を送りましょうね!!

フィリピン留学のお問い合わせはいつでもお気軽にどうぞ!

 

記事が気に入ったら フォローしよう!