【セブ留学の休日】アイランドホッピングに行こう!

「フィリピン・セブ留学の生活中、休日って何をするの?」

と思いませんか?

フィリピン留学では基本的に授業がある日は長時間しっかり英語の勉強をするカリキュラムです。

他国へ英語留学をする場合と比べても授業数が多いということがフィリピン留学の特徴の一つですね。

だからこそ、休日には目一杯リフレッシュすることが留学生活にメリハリをもたらす非常に重要なファクターとなります。

さてフィリピン留学中の休日はどんなことが楽しめるのでしょうか。

この記事ではどのガイドブックでも堂々人気1位のアクティビティ「アイランドホッピング」についてご紹介します!

休日は南国を味わう!!

 

「アイランドホッピング」という言葉を聞いたことがありますか?

初めて聞く人も、そのネーミングからしてすごく楽しそうなイメージが伝わってきますよね。

アイランドホッピングを簡単に説明すると

フィリピン特有の船「バンカボート」に乗ってフィリピンの小さな島を巡りながらシュノーケリングや綺麗なビーチ、BBQ・ビールを楽しみむことができるアクティビティです!

 

ほとんどのセブ島の英語学校は観光名所のビーチや海から離れたところに位置しているので、アイランドホッピングに参加すれば普段英語を学習する環境と全く違った南国ならではのトロピカルな雰囲気を存分に楽しむことができます。

まさに上の写真のような、北海道には絶対にない南国の絶景へ踏み込むことができるのです!

料金と申し込み方法は?

セブのアイランドホッピングは基本的に「マクタン島」の港から出航し、それぞれのプランに応じた島へ向かいます。

行き先の島に応じて料金は変化しますが、目安として3,000ペソから7,000ペソといったところです。

プランによって1つの島にだけ滞在したり、複数の島々を巡ったり、ランチが付いていなかったりと様々ですので、しっかりと確認してから参加しましょう。

※シュノーケリングとランチBBQがプランに組み込まれているものが多いです。

また行き先の島が海洋保護区(漁が禁止されて保護されている珊瑚地域など)の場合には100〜500ペソの入場料が別途発生する場合もあります。

アイランドホッピングの申し込み方法としては以下がオススメです。

申し込み方法
・学校のアクティビティとして友達と参加

・現地ツアーデスクで個人で申し込み

この他に、「日本の旅行代理店を使う」「現地で客引きや船長と直接交渉」などいくつも方法がありますが、値段が高かったりリスクがあるので、安心な方法で申し込むのが良いでしょう。

 

 

オススメ3つの島!

様々な行き先があるアイランドホッピング、どの島も新しい経験になること間違いなしですが、その中でも行っておきたいオススメの島を3つご紹介します!

①ヒルトゥガン島-Hilutungan

魚の生息率No.1!世界的に有名なシュノーケル&ダイビングスポットであるヒルトゥガン島。

海洋保護区に指定され、エメラルドグリーンの美しい海にはサンゴ礁とカラフルな熱帯魚がいっぱい!

内海のため大きな波も少ないので、安心してシュノーケリングを楽しめます。


②ナルスアン島 - Nalusuan

マクタン島から船で約30分で着く無人の島、ナルスアン島。

アイランドホッピングで人気を集めているリゾート島です。

島の南部は「サンクチュアリ」と呼ばれる魚の保護区になっており、シュノーケリングやダイビングで熱帯魚と一緒に泳ぐこともできます。


③パンダノン島 - Pandanon

その美しさから「天国に一番近い島」と呼ばれるパンダノン島。

まさに南国!な綺麗な白い砂浜と透き通った海を楽しめます。

ここで食べるBBQは格別です!アイランドホッピングの中で一番人気の島らしいですが、それも納得の体験ができることでしょう。

メリハリをつけた留学生活に!

今回はフィリピンに行ったら是非経験してほしいアクティビティ「アイランドホッピング」をご紹介しました!

「フィリピンには英語を勉強しに来たんだ!」という方もいるかもしれませんが、英語の勉強効率を上げるためにはリフレッシュとのメリハリが不可欠です。

北海道で体験できない非日常を楽しむために、是非とも留学中に参加してみて下さいね!!

まとめ
アイランドホッピングとは・・・

船に乗ってフィリピンの島を巡り、自然を楽しみながらBBQをして優雅な時間を楽しめる!

料金・・・ 3,000〜7,000ペソ(プランに応じて変化)

オススメの島々

①ヒルトゥガン島
②ナルスアン島
③パンダノン島

留学中、一度は体験してみてはいかがでしょうか!

フィリピン・マレーシア留学専門サポートセンターのサンフレンズ