世界で通用する英語力を短期間でリーズナブルに習得!

今年の夏こそ世界に一歩踏み出してみませんか?

サンフレンズは留学先手配のみに留まらず、英語学習面まで責任を持ち徹底的に留学サポートします!

 

英会話スクールと留学センターを運営しているサンフレンズの「2018夏留学パック」は、2018年5月から国内で英語の基礎講座を受講し、8月からフィリピン留学で実践英語力を短期間で効率的に高めることができる今までに無かった留学プランです。

英会話力を上達させる2つの方法

グローバル化が進む昨今、就活やキャリアアップ、実務のシーンで今まで以上に外国語能力が求められており、日本のこれからを生きていくためには英語は必須能力となります。

 

もちろん、仕事の場面だけではなく旅行や趣味の場面でも英語が理解できれば、より豊かな日々を実現できることは言うまでもありません。

では、英語を流暢に話せるようになるためにはどのような学習方法があるでしょうか?


  • 1.国内の学校・英会話スクールで学ぶ
  • 2.海外の語学学校へ留学する

流暢に自然な英語を話せるようになる学習方法は上記2つに大別されます。

 

独学でも英語を話せるようになるのでは?

…とお考えの方も一定数いますが、そもそも英会話の学習は会話をする相手がいて初めて成立します。

英語の読み書きは独学で学習できますが、日本語の直訳で英語を覚えてしまったり、不自然な発音が身に着き英会話力を高める遠回りになる可能性があります。

したがって、自然で流暢な会話ができる能力を習得するには語学スクールか海外留学が効果的な学習手段と考えられています。

 

英会話スクールと語学留学には「英語を習得する」という共通の目的がありますが、それぞれのアプローチには対照的な以下の特徴があります。

 

  英会話スクール フィリピン語学留学
授業コマ数の違い 1~2コマ/週 30コマ以上/週
英語と触れる頻度 断続的 連続的
外部環境 国内で日本人とレッスン 海外で外国人とレッスン
スクーリング期間 1~10年 1週間~1年

*語学留学の場合

仕事・学業との両立 両立可能 社会人には困難
授業料の支払 毎月/レッスン毎 一回払い

 

英会話力を高めるために最も効果的な英会話スクールと海外留学ですが、それぞれ学習環境や学習期間に大きな違いがあることをお分かりかと思います。

これらの違いを一言でまとめると以下のような特徴があると言えます。

英会話スクールと留学の対照的な特徴

英会話スクール:一定の時間をかけて習慣的に学習し英語力を伸ばす

海外で語学留学:短期集中的に海外生活を通じて英語力を伸ばす

英会話スクールへ通うメリットは安定的に着実に英語力を高めていけることです。

一方、デメリットは日本国内での学習になるため短期集中的に英語力を高めることが難しい点にあります。

語学留学は短期間で効率的に英語を伸ばし、外国の文化に触れ多国籍の友達を作るチャンスに恵まれています。なにより、英語漬けの学習環境で1~3ヶ月で不自由なく英会話ができるレベルになるのが最大のメリットとなります。

 

その一方で、「留学失敗」、つまり英語がぜんぜん伸びなかったという話を聞いたことはありませんか? 安くはない留学費用を払い、海外まで行き英語が上達しないという結果はなんてもったいないことでしょう。

成功すれば短期集中的に語学留学ですが、費用をかけた割に目標レベルまで英語が伸びない結果に終わる場合が最大のデメリットとなるでしょう。

 

留学失敗の理由-エージェントの知識不足

それでは、なぜ留学失敗が起こるのでしょうか?

いくつか要因はありますが、留学エージェントの課題を3つ取り上げてみたいと思います。

「留学失敗」を引き起こす留学エージェントの課題

1.留学エージェントの役割が留学先紹介だけに留まっている。

2.英語学習のアドバイスが抜け落ち、学習準備不足で留学開始

3.帰国後の学習環境サポートが欠如し、英語力の維持が困難

つまり、留学エージェントの役割が「教育分野」から分断され書類上の手続きのみに傾倒していることが、「留学失敗」の原因の一つになっています。

 

留学エージェントによる教育面のアドバイスが不足していることで、「留学へ行っても英語が伸びなかった」というケースが多数あります。

実際、留学へ行く方々の中には、海外で長期滞在をしていれば英語が伸びると漠然と考えている方も少なくありません。

しかし、海外へ行ってから基礎を学び始めては、英語を理解して話せるようになるまで遅れをとってしまします。

限られた留学期間を最大限に活かし英語力を伸ばすために、留学前の学習準備がカギとなります。


 

ここまで、英会話スクールと語学留学の特徴について説明しました。

それぞれのメリット・デメリットをお分かりいただけたと思います。

留学期間を最大限に活かすために、英語の基礎学習が重要ですが、なぜ留学準備が不足することで留学中に思ったより英語が伸びないというケースが発生するのか具体的に説明します。

 

英語の学習曲線から考察する留学計画

なぜ、すぐに英語が話せるようにならないのか?理由は英語の学習曲線にあります。

 

語学のように高度な技術を習得する過程は、直線的ではなく湾曲した学習曲線で説明されます。

「英語を話せるようになろう!」と決断し、勉強を始めた経験を持つ人も少なくないでしょう。毎日、コツコツと勉強をするものの、思っていたよりも結果に表れない苦い経験をしたことはありませんか?

 

実際、英語学習の準備期と呼ばれる初めの時期は、勉強時間に比例して英語が話せるようになるわけではなく、英語の法則や語彙に順応する期間となります。

したがって、思ったよりスムーズに英語を話せるようにならずに挫折する人も最初の時期では多く現れます。

 

英語の学習は、直線的に上達するものではなく発展期と呼ばれる段階に入ってから自発的にどんどん英語が上達します。その理由は、準備期間にトレーニングしてきた英語の法則が体系的にわかるようになり、瞬時に言いたい事が英語の文法で言える状態になるからです。また、スピーキング力と比例してリスニング力が伸びる時期なので英会話力が伸びたと実感することができます。

前述したように、留学エージェントのアドバイス不足が理由で学習準備がおろそかになる方が少なくありませんが、なぜ留学へ行ったのにも関わらず授業についていけず英語が伸びないのかお分かりでしょうか?

 

いわゆる「留学失敗…」「留学へ行ったけど伸びなかった!」という大きな理由は、留学前の学習準備が不十分であり、海外に到着してから準備期間に入るからです。したがって、短期留学の場合、英会話力が飛躍的に伸びる発展期に差し掛かる前に帰国してしまい目標レベルまで英語が伸びないという結果が生じます。

 

反対に、留学準備として毎日コツコツと英語の基礎的な法則を身に着けておき、留学開始のタイミングで発展期に入れば、限られた留学期間を活かして英語を最大限まで上達することができます。

 

英会話スクールと留学の良いとこ取り「2018夏留学パック」

2018年5月から英語の基礎講座を受講し、8月からフィリピン留学で実践英語力を高める「2018夏留学パック」は、留学期間を最大限に活かし短期間で英語力を伸ばすプランです。

留学前に英文法と語彙の習得をサンフレンズランゲージスクールで行うことで、英語上達のベースを築きます。英語力が飛躍的に伸びる発展期に合わせて留学開始することで、留学期間中にリスニングとスピーキングのサイクルを高めることができ、英会話力を確実に伸ばすことができます。

一般的な語学スクールと留学センターにはそれぞれ、得意不得意な部分がありますが、サンフレンズは両方の利点を活かし今までなかった効果的な留学プランを提供しています。

 

申込締め切りは2018年4月30日

「サンフレンズでの基礎講座+フィリピン留学(1ヶ月の場合)」の授業料はコミコミで141,000円からとなります。

なお、本プランではサンフレンズランゲージスクールのテキストブックも無料でプレゼント!

留学先校は、フィリピン・セブ島の語学学校の中から人気TOP5の選りすぐりの学校をご用意しており、「2018夏留学パック」へ参加される学生様一人ひとりの英語レベル・学習目標に応じて個別手配をいたします。

さらに、サンフレンズで合計12回の基礎講座を受講する際に、弊社オフィスにてNPO留学協会認定の留学アドバイザーがいつでも留学相談に対応します。


 

2018年は世界で通じる英語力を身に着けてみませんか?

「2018夏留学パック」は札幌エリア限定、申し込み締め切りは2018年4月30日までとなります。

募集定員が埋まり次第、申込締め切りと致しますので、お申込みはお早めに!

 

もっとフィリピン留学情報を見る