ステップ1 まずはカウンセリング!

弊社オフィスにての留学カウンセリング(札幌駅から徒歩1分)やお客様ご指定の場所でカウンセリングさせて頂く「出張カウンセリング」、メールでの留学相談を年中受付中です。

まずはお気軽にサンフレンズまでご相談下さい。

カウンセリングでは留学経験・海外経験の豊富なスタッフが、渡航先国の基本情報、お客様の留学目的や要望に合った学校をご紹介致します。

留学費用のお見積もりも可能ですので、事前にお申し付け下さい。

お客様がご希望されない限り、その場でのご契約を迫ることはございませんので、ご安心下さい。

ステップ2 入学手続き開始・学費のお支払い

お客様の留学したい学校・期間・コース・宿泊する部屋のタイプが決定しましたら、弊社スタッフが提携学校へ空室の確認を行います。

空室が確認できましたら、弊社の約款をお読みいただき、書面での留学プログラム申込書、もしくはオンライン申込フォームで「留学申込」をしていただきます。

申し込み完了後、留学費用を弊社指定口座にお振込いただきます。

お振込確認後、弊社から学校指定の海外口座へ送金し、その証明として入学許可証をお客様へメール・または郵送にてお送り致します。

弊社ではお客様の留学計画に合わせた2通りのお支払い方法を採用しております。

一括払い(出発日まで3ヶ月以内の方・一括支払いをご希望の方)
お申し込み後、留学費用全額を弊社指定口座にお振込みください。
お振込み確認後に学校指定の海外口座へ送金を致します。
留学費用がアメリカドルまたはマレーシアリンギットで請求される学校にお申し込みされる場合は、三菱東京UFJ銀行のTTBレートにて換算し日本円にてご請求致します。
2回払い(出発日まで4ヶ月以上の方)
留学プログラムにお申し込み後、「申込金として留学費用の中からお先に15,000円」を弊社指定口座にお振込下さい。
申込金お支払い確認後に本手続きへと移行します。
この申込金は、留学費用、万が一の時の契約解除料、申込内容変更料、又は違約料のそれぞれ一部または全部として取り扱います。
留学費用の残額につきましては、出発の1ヶ月前までにお振込いただきます。
留学費用がアメリカドルまたはマレーシアリンギットで請求される学校にお申し込みされる場合は、三菱東京UFJ銀行のTTBレートで日本円に換算しご請求致します。
また、申込金と同時に為替変動を考慮した「為替補償金」をお預かりしております。
為替補償金の金額はお客様の留学出発日までの期間・留学期間によって異なりますので、弊社スタッフまでお尋ね下さい。
こちらは、留学費用の支払いを含めた入学手続き完了日と留学申込日の三菱東京UFJ銀行のTTBレートで計算し、差額分をお客様に返金致します。

ステップ3 パスポート・航空券・海外保険の手配

パスポートの確認

渡航に向けてパスポートをご準備下さい。すでにパスポートを取得されている方は、

  • 期限が6ヶ月+滞在日数以上あること
  • 旅券の未使用査証欄が見開き2ページ以上残っていること

をご確認下さい。

パスポート申請方法(北海道)はこちらから!(北海道庁のページへ飛びます。)

航空券・海外保険の手配

弊社ではお客様ご自身で航空券を手配して頂いておりますが、手配方法がわからない場合は、ご一緒に手続きを進めましょう。サポート致します!

往復航空券の手配が完了しましたら、便名が記されたフライト情報をお伝え下さい。

お申込み学校に、到着当日に空港にお迎えに来てもらう手配を致します。

*フィリピンに入国する際には、片道航空券では入国が出来ません。往復航空券、または第3国に出国する航空券がないと入国できませんのでご注意ください。

海外保険に関しまして、ケガや病気、盗難など万が一に備えて必ず加入手続きを行ってください。

どこの海外保険に加入すれば良いかわからない!という方もご遠慮なくスタッフまでご相談下さい。

ステップ4 いよいよ出発!

いよいよ日本を飛び出して出発です!

フィリピンへ留学の方
お申し込み後に弊社からお渡しする「ピックアップ資料」明記の待ち合わせ場所にてセブ・マクタン空港で学校スタッフと合流し学校へ向かいます。
翌月曜日は朝からレベルテストや学校のオリエンテーションが実施されます(通常初日月曜の授業はありません)
周辺ショッピングモールへの買出しなどもこの日に行われるので両替もこのときに行えます。
マレーシアへ3ヵ月以上留学する方
3ヵ月以上留学する方は、語学学校の空港送迎サービスにお申し込み下さい。
3ヵ月以上マレーシアに留学する場合は、学生ビザの申請が必要です。
入国時には、語学学校のスタッフが必要書類を持参し、お客様がお持ちになった各種書類やビザと照合して、マレーシアへの入国が認められます。
マレーシアへ3ヵ月未満の期間で留学する方
留学期間が3ヵ月未満の方は、観光ビザで入国できますので、空港送迎のお申し込みは必須ではありません。
しかしながら海外留学で最もトラブルが多く、お客様が不安に思われるのは現地到着時です。
初めての場所で迷ってしまうこともあるでしょう。
空港からタクシーを利用することもできますが、滞在場所となるのは、ホテルではなく学生寮ですので、タクシードライバーが場所を知らない場合がほとんどです。
したがって留学生活のスタートをしっかりと切って頂くために、語学学校の空港送迎サービスの利用を推奨いたします。